2014年10月04日

インカレ予選③ 3位決定戦 vs弘前大・八戸学院大

第3位決定戦。

初戦と同じ弘前大・八戸学院大が対戦相手です。

(試合前の整列)



9人での守備・攻撃プランを伝え、「この試合が最後となる4年生のためにも勝とう!」と選手を送り出しました。

初戦に10人でも守備的な展開になったのですから、9人でもそれは同じこと。

耐えるしかありません。


そんな中、相手のCK。

こちらの集中力が切れたところをショートコーナーからミドルシュート。

勢い、コース共に申し分なく先制されてしまいます。

その後もバイタルエリアで厳しくプレッシャーをかけられず2失点目。

追いつく時間は十分にありますが、選手たちのモチベーションがいまいちつかめません。

ピッチ内で全く声を発せられない時間帯も・・・



前半終了10分前、絶妙なスルーパスからNo.6小鹿(公益大)が抜け出し、ようやく1ゴール!

これで少し精神的に楽になったのか、攻撃にも勢いが出てきました。

しかし、同点はならずハーフタイム。


選手たちもかなり疲れていますが、攻守の改善点を伝えます。

そして、ここからは体力よりもみんなの戦う気持ちが重要になることも。


後半開始早々、No.9吉田(公益大)が左サイドを突破しそのままゴール!

やっと、同点に追いつきます。

ここからは一進一退の攻防。

相手もギリギリの人数での連戦に疲れています。

結局、同点のまま後半終了。

20分の延長です。



延長前半。

主将のNo.8大宮(山大)が左サイドへ持ち出し、DFをかわしシュート。

これが見事ゴール!!逆転!!

結局、これが決勝点となり試合終了。

ボロボロになりながらも何とか勝利しました。

全員が体力的にも精神的にもギリギリの中、本当によく戦いました!

選手には感謝の気持ちしかありません。


特に山大生のみんなは本当にありがとう。

公益大生だけでは、ここまで戦いきることは出来なかったでしょう。

本当にいい経験をさせてもらいました。

インカレ出場は果たせませんでしたが、最高のチームだったことは確かです。


今後も同じ県内のチームとして、共に切磋琢磨していきましょう!



さて、一方の公益大生。

貴重な体験をしました。

この体験をこれから生かせるかどうか?

この大会だけで終わらせてしまうか?

それは私たち次第です。

来年インカレ出場するためには、やらなければいけないことはたくさんあります。

選手はもちろんですが、私も学びつつ、工夫しつつ共に成長して行きたいと存じます。

今後とも、本学女子サッカー部へのご声援をお願いいたします。








  


Posted by 公益大女子サッカー部 at 09:00Comments(0)活動記録試合結果